読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法が使えなくなるまで。

魔法使いを卒業したらブログ辞める

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のオンライン有料化は年間5000円程度と予想する

Nintendo Switchでは2017年秋までオンラインサービスを無料提供&リージョンロックをかけないと発表【Nintendo Switch プレゼンテーション】 - ファミ通.com

2017/01/13 に任天堂東京ビッグサイトにて「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」を開催した。

そのプレゼンの中で、オンラインの有料化についてほんの少しだけ発表があった。


詳細は、上記のリンクを参照してほしいのだけど、簡単に言うと、任天堂のオンラインサービスを利用するには、有料になるということ。

つまり、今後 Nintendo Switch でマリオカートスプラトゥーンのオンライン対戦を行うにはお金を払う必要があるということになりそうだということ。
(オンラインサービスにオンライン対戦が含まれているかどうかは現時点ではわからないけど・・・)

正直、「えー、オンラインで対戦するのにお金を払うのかぁ」という感想だったが、他のハード(PlayStation 4Xbox One)では、

当たり前に行われていたことであると、調べてみて知った。

それぞれのハードのオンラインサービスは以下の通り。

PS Plus とはどのようなサービスですか? | PlayStation.com

Xbox Live ゴールド - Microsoft Store


肝心の月額料金だが、上記のリンクより確認すると以下の通り。

月額 PS Plus の価格 Xbox Live ゴールド
1ヶ月 ¥476+税 ¥842
3ヶ月 ¥1,238+税 ¥2,138
12ヶ月 ¥4,762+税 ¥5,378

上記の値段設定より、任天堂も両者に合わせた値段設定を行ってくると予想できる。

おわりに

現時点でPS4とXboxの両ハードでオンラインプレイをしている人は年額1万円程度の出費がある。

そうした状況で任天堂のハードでオンラインプレイをするために年額5000円程度を払うだろうかと思った。

ゲーム人口が増えればいいんだけど、現状ではパイの取り合いな感じがした。

後発の任天堂に勝機があるかは、今年末には判明しそう。

おわり


(追記:2017/02/04)

下記、記事によると、オンラインの価格は年2千~3千円程度で、通信対戦の機能や過去の人気ゲーム配信などを行うとのこと。

任天堂社長、新型ゲーム機「オンライン充実」 :日本経済新聞