読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法が使えなくなるまで。

魔法使いを卒業したらブログ辞める

ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 実技試験のテスト内容とマニュアルをマッピング【その7】

自分の勉強のために ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 実技試験のテスト内容とマニュアルをマッピングしました。

注意
あくまでも、わたしがまとめたのであって、リンク先に関連する問題が出題されるわけではない。

以下、「DataGuardの実装」の章を扱う。
(自分の勉強に応じて、適宜リンクを修正予定)

DataGuardの実装

リアルタイム適用を提供するフィジカル・スタンバイ・データベースの作成

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56302/create_ps.htm#i63561

GridControl等で自動で作成する方法もあるらしいが、マニュアルはみつけていない。
もし、DataGuardの作成ができなかったら、問題を解くことすらできないのでは。

プライマリ側のオーバヘッドを削減する高速増分バックアップの構成

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/backup.112/b56269/rcmarchi.htm#CHDIFGFH

何を設定するのかよくわからず、データガード特有の設定とかあるのだろうか。

接続時フェイル・オーバーの設定

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56302/role_management.htm#i1026491

上記リンクはフェイルオーバーの実行である、接続時フェイルオーバーではないが。

  • tnsnames.oraで設定する場合

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/network.112/b56287/tnsnames.htm#i497813

それとも単純に tnsnames.oraに FAILOVER=on って書くだけなのかな