読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法が使えなくなるまで。

魔法使いを卒業したらブログ辞める

ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 実技試験のテスト内容とマニュアルをマッピング【その3】

自分の勉強のために ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 実技試験のテスト内容とマニュアルをマッピングしました。

注意
あくまでも、わたしがまとめたのであって、リンク先に関連する問題が出題されるわけではない。

以下、「DataWarehouseの管理」の章を扱う。
(自分の勉強に応じて、適宜リンクを修正予定)

DataWarehouseの管理

高速リフレッシュまたはクエリー・リライトのためのマテリアライズド・ビューのトラブルシューティング

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56309/basicmv.htm
https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b72089/repmview.htm

表題の範囲が広すぎて絞れず。
上記リンクに、例文としてCREATE MATERIALIZED文がたくさんあるので、高速リフレッシュやクエリーリライトを使用しているものをチェック
高速リフレッシュされるため、マテリアライズド・ビュー・ログの作成は必須
マテリアライズド・ビューをクエリー・リライトで使用可能にするには、ENABLE QUERY REWRITE句も指定する必要がある。

分散マテリアライズド・ビューの設定と管理

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56309/extract.htm#i1006436

上記リンクの例文をもとに、1つのOracleデータベースから、他のOracleデータベース表へ直接問い合せることができるように。

プラットフォームをまたがったトランスポータブル表領域の管理

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/backup.112/b56269/rcmxplat.htm

スター型変換のためのスキーマ構成

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56309/schemas.htm#CIHGHEFB

まずは、初期化パラメータSTAR_TRANSFORMATION_ENABLEDをTRUEに設定する。

リモート・データベースと連携するDataPumpの実装

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56299/statements_5005.htm#i2061505
https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56303/dp_export.htm#i1011008
https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56303/dp_import.htm#i1007380

CREATE DATABASE LINK でデータベースリンクを作成し、NETWORK_LINK パラメータを使うのかな

問合せのパラレル実行の設定と使用

http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56316/parallel004.htm

パラレル処理を強制するときは、以下SQL

ALTER SESSION FORCE PARALLEL QUERY;

パラレル実行の管理とチューニング

http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56316/parallel005.htm

設定できる初期化パラメータがたくさんあるが、「PARALLEL_~」ではじまるのでわかりやすい